読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できることなら働きたくないブログ

働きたくない。働きたくないから、考える。

めんどくさがりの頑張り方

ライフハック 学び マインド

f:id:angyaaaaaa:20150920001844j:plain

もう、世の中のこと全てがめんどくさいですよねw

楽なこと以外なにもしないで、ずーっとそうやって生きていきたい。

 

これが私の行動原理です。

 

 

めんどくさがりはどういう生き物か

朝起きて、今準備しないと仕事に遅刻するとわかっていても二度寝をする。

暑くて、エアコンをいれたいけど動きたくない。

喉が渇いたけど取りに行くのをやめる。

友達に誘われたけど遊びに行かない。

雨だから学校をやすむ。

 

これがめんどくさがりです。

いわゆる、「取るべき行動」は理解しているけど、「本能的に身体が拒否反応」を示している。これがめんどくさがりの状態ですね。

 

めんどくさがりは色々とつまらないと思って生活している

これは、めんどくさがりの第2フェーズです。

めんどくさがりにもレベルがあります。全てがつまらないと感じている人、それはめんどくさがりという才能です。

 

私は常々、世界はつまらないものだと感じています。

まぁ当然です。世の中そんなに楽しい物が生み出されていません。

 

よく、「今君がこうしている間にも、色々なところでとてもすごいことが起きている」みたいなことが本に書いてありますけど、それはほんの一部でしょう。

日々、とても地味でつまらないことの積み重ねが人生です。悪いものではありませんが。

 

なぜ、つまらないと感じるのか?

最近これの答えに近いものを見つけました。

それは「シミュレーション」ができてしまうからです。

説明しましょう。

 

まず、「雨だから学校を休む」これをめんどくさいと感じます。

これは、雨の中、学校に向かうという体験をしなくても、

頭のなかで経験や知識からシミュレーションすることができるから起きます。

 

脳内で雨の中で学校に行くと、ものすっごーくめんどくさかった。だからやめとく。

めんどくささがぱないの。

 

こんなにめんどくさいのになぜ私は生きているのか

大きな理由の一つに、「死ぬのがめんどくさい」というものがあります。

それに、人生はめんどくさいですが、悪いものではありません。

 

そうなると、頑張っていきていかなければいけないですが、なるべくめんどくさくない生き方をしたいのです。

 

めんどくさがりだからわかってしまう。

このままなにもしないで生きていたら、余計にめんどくさいことになってしまうと。

勉強しなければ、働かなければ、めんどくさい人生を送ることになると。

 

お金がなければ、歩かなければいけないけど、お金があればタクシー乗れる。

色々知らないと、遠回りすることになるけど、学があれば最短ルートでいける。

 

だから、最短ルートでお金を最大限に、なるべく働かずに稼ぐことがめんどくさがりが精一杯出来ること。

 

だから、頑張ってみる。

しかし、それでもつまらない。

いやいや頑張っていると気づきます。

これをこのぐらいの時間やったら、このくらいお金がもらえる。

このまま働いていたら、このぐらいのポストにつける。

あと5年くらいで、たぶんこのあたりまでできるようになる。

 

わかってしまうと、先や限界が見えて、振り絞っていたモチベーションがなくなります。これはヤバイ。

 

モチベーションを高めるにはどうするか?

めんどくさくないモノをすればいいんですね。最近気づきました。

それはつまり、

 

・想像ができない、シミュレーションができないもの。

・シミュレーション通りにいかないもの。

・まったく知らないことが起きる。新しい世界を知る。

 

これがモチベーションにつながります。

 

わりと最強の才能、めんどくさがり

めんどくさがりには、多くの場合、シミュレーション機能が備わっています。

これはおそらく、本を読んだり、妄想したり、嫌なことを考えたりしてついていくものでしょう。想像力とか、推理力とかそういうもののたぐいです。

 

これがあると、あとはシミュレーションの精度を高めるために知識や経験を得ていくだけで、大抵のことが上手く出来ます。仕事においてこれは神スキル。

 

めんどくさいけど頑張ろう

あなたはめんどくさがりに選ばれました。

その神スキルを使って頑張りましょう。

それがわりと、めんどくさくなく生きる最善かと思います。

疲れたら休みたいだけ休みましょう。